予約制 9:30~12:00/14:00~19:00(水・日祝休診)

無麻酔の治療

健康な歯は「痛み」を伝えます。

あおやぎ歯科の特徴に「無麻酔の治療」というものがあります。
一度失った歯、部分的に治した歯は元の強さには戻りません。

「健康な歯をできるだけ削らない」ことが、開院時からこだわってるポイントです。

実は、むし歯になった部分は痛くありません。
皆さんが「歯が痛い」と感じるのは「健康な歯のサイン」です。

無麻酔の治療では、患者様の「痛みに耳を澄ませる」ことで悪くなったところだけを正確に取り除き、 健康な歯を残して治療につなげます。

一般的にむし歯治療で麻酔を使うのは、むし歯も健康な歯も一緒に削ってしまったほうが、「治療が楽で早くなる」という歯科医の都合がほとんどです。

どうしても麻酔が必要な時にも痛みに対する配慮は欠かしません。

例えば「痛みが出にくい細い針を使う」、「針を刺すタイミングをコントロールする」 、「針の断面(方向)を丁寧に確かめて刺す」、「必要に応じてオープンマインド法を使う」 などです。

特に「オープンマインド法」はお子様に有効な方法です。

▲PAGE TOP