予約制 9:30~12:00/14:00~19:00(水・日祝休診)

お母さんに知って欲しいむし歯予防

お母さんになる前に知って 欲しい女性の歯科治療

赤ちゃんはほぼ無菌状態で生まれてきます。もちろん、お口の中も同じで細菌はほぼいません。その後、いろいろな体験をすることでお口の中の細菌が決まります。

赤ちゃんにとって1番密接な関係になるのはお母さんです。お母さんからお口の菌をもらうことが多く親子で細菌が似ます。歯垢やバイオフィルムもこの一種です。

お母さんのお口の細菌が少なければ、赤ちゃんが細菌に感染する確率も少なくなります。赤ちゃんの虫歯予防のためにもお母さんの虫歯と細菌をなくすことが、赤ちゃんの将来にわたる歯の健康につながります。

子供の虫歯を無くす取り組み

原因菌を持たない赤ちゃんが虫歯菌をもらってしまうのは、実はお母さん・お父さんの口移しが要因と言われます。赤ちゃんにキスをしたり、食べ物での口うつしで虫歯菌が移ってしまい、将来のむし歯の原因を持つことになります。大切なのは虫歯菌を始め無数の細菌がある口移しをしないことです

お母さん(お父さん)の歯の治療では、虫歯菌を減らすことが重要で、これにより子供への虫歯菌をある程度防げます。また、虫歯になりにくい生活習慣にしていくことも重要です。

歯磨きの方法や効果的な虫歯予防をあおやぎ歯科では実践しています。 同時に衛生士によるお口のクリーニングを定期的に行うことも効果的です。

「いつくから始めたらいいの?」とご質問をいただきますが、歯のクリーニングはいつでも大丈夫です。つわりなどで苦しくなければ、妊娠中でもクリーニングは受けられます。妊娠中は投薬やストレスなどの妊娠中特有の制限がありますので、やはり妊娠前の予防が母子ともに安心です。ただ妊娠中でも虫歯の痛みがあるときは、我慢せずに治療をしてください。あおやぎ歯科では、無麻酔の治療を心がけています。

それでは、子供が生まれてからでは遅いのでしょうか?

母子感染の確率が高い3歳ごろまでに、できるだけ早く虫歯を治療すれば、虫歯菌を減らせますので、赤ちゃんへの影響を少なくできます。妊娠中も6ヶ月くらいなら歯の予防や治療ができますので、お子さんが産まれる前にお口の環境を整えておくことが大切です。

あおやぎ歯科では、「赤ちゃんを将来むし歯にしない」産前・産後の予防歯科をお母さん・お父さんと実践しています。

▲PAGE TOP